ホットニュース

2018/07/19

日本企業がヤンゴン環状線に沿って鉄道駅を建設

日本のハローコミュニケーションズはヤンゴン環状線に沿って鉄道駅をグレードアップする提案をミャンマー鉄道・本線を運用しているところへ提出した、とミャンマー鉄道の経済部総支配人であるU Arkar Min Thu氏は、ミャンマータイムズ紙に対して火曜日に語った。
2018/07/12

日本はバガン空港のグレードアップのために援助する

日本政府は9月マンダレーのニャンウー空港をグレードアップするために資金提供を決定する予定である、とU Ye Htut Aung民間航空局副局長はミャンマー・タイムズ紙に語った。
2018/07/04

プーマ・エナジー社、2019年頃にLPG配布を開始

6月28日にユニオン・ビジネスセンターで行った記者会見において、シンガポールのプーマ・エナジー社は2019年頃に調理用液化石油ガス(LPG)の配布を開始すると発表した。
2018/06/27

日本の東洋インキグループがミャンマーに650万ドル投資

日本の化学メーカー東洋インキSCホールディングス株式会社は、来月にヤンゴンのティラワ経済特別区において新しい生産施設を開発する計画で、ミャンマーで最初の一歩を踏み出した。
2018/05/02

政府は物流コストを削減するために鉄道セクターに力を入れる

4月30 日付イレブン新聞によると、政府は増加する物流コストを削減するために鉄道部門に力を入れると、連邦財務大臣は述べた。
2018/04/27

国民への投資が16兆8640億チャットを超える

ミャンマー投資委員会によると、今年の3月までに、政府はミャンマー投資委員会に16兆8640億チャット以上の投資を1361件国民へ付与した、と4月18日付イレブン新聞は報じた。
2018/04/11

インフレ率は2月に4.16%に達する

  2018年4月6日付のイレブン新聞によると、2月下旬の平均インフレ率は4.16%となり、中央統計局(CSO)によると、ラカイン、マンダレー、カッチンでは最も高いインフレ率が報告されている。
2018/03/28

ヨマとグラブは協力してタクシーサービスの質を高める

3月15日付のイレブン新聞によると、第1回ミャンマー投資法人FMIの合弁会社であるSGXに上場しているヨマ・ストラテジック・ホールディングは、ミャンマーのグラブタクシーを格上げするために、東南アジアの主要乗車プラットフォーム「グラブ」と戦略的パートナーシップ契約を締結した、と発表した。
2018/03/22

2月のFDI総額は3億4700万ドルを突破

投資と企業の管理局が発表した数字によると、2017-18年度の2月にミャンマーは3億4700万ドル以上の外国投資を受けた、と3月15日付のイレブン新聞は報じた。
2018/03/14

建設省と中国企業は2件のプロジェクトの実現可能性調査に合意

情報省の情報筋によると、建設省とチャイナ・ハーバー・エンジニアリング・カンパニーは、マンダレー・ヒッティヤット・ミューズ高速道路とチャウフュイ・ネピドー・ハイウェイのプロジェクトを実施するための実現可能性調査に関する覚書を締結した、と3月18日付のttwin誌は報じた。

日本ミャンマー友好関係

2018/05/02

政府は物流コストを削減するために鉄道セクターに力を入れる

4月30 日付イレブン新聞によると、政府は増加する物流コストを削減するために鉄道部門に力を入れると、連邦財務大臣は述べた。
2018/04/11

インフレ率は2月に4.16%に達する

  2018年4月6日付のイレブン新聞によると、2月下旬の平均インフレ率は4.16%となり、中央統計局(CSO)によると、ラカイン、マンダレー、カッチンでは最も高いインフレ率が報告されている。
2018/03/28

ヨマとグラブは協力してタクシーサービスの質を高める

3月15日付のイレブン新聞によると、第1回ミャンマー投資法人FMIの合弁会社であるSGXに上場しているヨマ・ストラテジック・ホールディングは、ミャンマーのグラブタクシーを格上げするために、東南アジアの主要乗車プラットフォーム「グラブ」と戦略的パートナーシップ契約を締結した、と発表した。
2018/03/22

2月のFDI総額は3億4700万ドルを突破

投資と企業の管理局が発表した数字によると、2017-18年度の2月にミャンマーは3億4700万ドル以上の外国投資を受けた、と3月15日付のイレブン新聞は報じた。
2018/03/02

ホーディングはエンドウ豆価格を引き上げる

2月11日付のイレブン新聞によると、鳩が原因で豆の価格は上昇している、と述べた。 インドのバイヤーはマゴゥエー地域のパコック―卸売市場でもエンドウ豆を購入している。
2018/03/02

MICは今年度FDIが37億ドルを達成したと報じた

2月3日付のイレブン新聞によると、ミャンマー投資委員会が50億ドルを授与したにもかかわらず、今年度外国直接投資の実際の流入額は37億ドルであった。 総務省は毎月FDIリストを公表して、2017-18年度にFDIの実際の流入を2回発行した。

文化・社会

2018/07/04

プーマ・エナジー社、2019年頃にLPG配布を開始

6月28日にユニオン・ビジネスセンターで行った記者会見において、シンガポールのプーマ・エナジー社は2019年頃に調理用液化石油ガス(LPG)の配布を開始すると発表した。
2018/04/27

国民への投資が16兆8640億チャットを超える

ミャンマー投資委員会によると、今年の3月までに、政府はミャンマー投資委員会に16兆8640億チャット以上の投資を1361件国民へ付与した、と4月18日付イレブン新聞は報じた。
2018/04/11

インフレ率は2月に4.16%に達する

  2018年4月6日付のイレブン新聞によると、2月下旬の平均インフレ率は4.16%となり、中央統計局(CSO)によると、ラカイン、マンダレー、カッチンでは最も高いインフレ率が報告されている。
2018/03/28

ヨマとグラブは協力してタクシーサービスの質を高める

3月15日付のイレブン新聞によると、第1回ミャンマー投資法人FMIの合弁会社であるSGXに上場しているヨマ・ストラテジック・ホールディングは、ミャンマーのグラブタクシーを格上げするために、東南アジアの主要乗車プラットフォーム「グラブ」と戦略的パートナーシップ契約を締結した、と発表した。
2018/03/22

2月のFDI総額は3億4700万ドルを突破

投資と企業の管理局が発表した数字によると、2017-18年度の2月にミャンマーは3億4700万ドル以上の外国投資を受けた、と3月15日付のイレブン新聞は報じた。
2018/03/14

建設省と中国企業は2件のプロジェクトの実現可能性調査に合意

情報省の情報筋によると、建設省とチャイナ・ハーバー・エンジニアリング・カンパニーは、マンダレー・ヒッティヤット・ミューズ高速道路とチャウフュイ・ネピドー・ハイウェイのプロジェクトを実施するための実現可能性調査に関する覚書を締結した、と3月18日付のttwin誌は報じた。

経済・市場

2018/07/19

日本企業がヤンゴン環状線に沿って鉄道駅を建設

日本のハローコミュニケーションズはヤンゴン環状線に沿って鉄道駅をグレードアップする提案をミャンマー鉄道・本線を運用しているところへ提出した、とミャンマー鉄道の経済部総支配人であるU Arkar Min Thu氏は、ミャンマータイムズ紙に対して火曜日に語った。
2018/07/12

日本はバガン空港のグレードアップのために援助する

日本政府は9月マンダレーのニャンウー空港をグレードアップするために資金提供を決定する予定である、とU Ye Htut Aung民間航空局副局長はミャンマー・タイムズ紙に語った。
2018/06/27

日本の東洋インキグループがミャンマーに650万ドル投資

日本の化学メーカー東洋インキSCホールディングス株式会社は、来月にヤンゴンのティラワ経済特別区において新しい生産施設を開発する計画で、ミャンマーで最初の一歩を踏み出した。
2018/02/01

ミャカゥワーニョの住宅プロジェクトは中国投資の下で建てられる

ミャンマー投資委員会(MIC)が1月19日に開催した記者会見によると、ヤンゴン – ミャンマーは、ミャンマー住宅プロジェクトを中国投資と合算して7000万ドル以上の費用をかけて実施する、と1月25日付けイレブン新聞誌は報じた。 このプロジェクトは、ヤンゴン州Tharkayta Townshipにある3エーカー以上の広大な土地計画に基づいて行われる。 「これは中国 – ミャンマーの合弁プロジェクトであり、我々は商業用および住宅用の建物を建設し、分割して再び売却するつもりだ」と、投資および企業管理局(DICA)のディレクターチョーウィントンは述べた。 1月15日に開催された委員会(2018年1月)において、中国 – ミャンマーの合弁会社であるヤンゴンゴールデンリバーインベストメント株式会社は、建設、販売、リース、商業用・住宅用建物のマネージメントを含んだミャカゥワニョ住宅プロジェクトにグリーンライトを与えた。 DICAによると、ミャンマーの起業家の大半は2017-18年度に住宅プロジェクトへ投資している。ミャンマーの住宅インフラには、10億600万ドルの外国投資がある。 ミャンマー語翻訳者:ニン
2017/12/06

ミャンマー:ジョータン社、ミャンマーに工場を開設

2017年11月23日付のミャンマー時代新聞によると、ノルウェーの塗料メーカーであるジョータン社は、ミャンマーのバゴー地域に140億チャットを投資した工場を開設した。
2017/12/06

ミャンマー:収益性の高い州の工場は起業家にリースされる

2011年11月22日水曜日付のイレブン新聞によると、建設住宅開発銀行(CHDB)は、低コストかつ手頃な住宅購入のための貸付期間を15年から20年に増やす計画だ

観光

2017/08/30

ミャンマー:マンダレーにオープンするヒルトン

8月19日付のイレブン新聞によると、エデングループはシンガポールに拠点を置くケッペルランド所有のマンダレー・セドナ・ホテルを買収し、ヒルトンマンデライとして再オープンする予定である。
2017/06/02

ミャンマー:120万人の外国人観光客がミャンマーを訪れる

24日付のイレブン新聞(電子版)によると、外国人観光客がマーケットの日にインレー湖へ観光に訪れた。
2017/05/18

ミャンマー:2020年度に750万人の外国人観光客が訪れると予測

30日付のイレブン新聞(電子版)によると、2020年度には外国人観光客が750万人に達すると観光省の事務局長であるTint Thwinは発表した。
2016/11/03
20161019 Myanpress 02 H

ミャンマー:旅行者の増加を期待しているモン州の旅行会社

10月11日日付のイレブン新聞(電子版)で、以下のことが記載された。
2016/04/14
20160414 myanpress 2

ミャンマー:観光省は600万人の観光客を目指す

ミャンマータイムズ新聞(電子版)によると、観光省は「昨年11月の選挙結果による政局の安定により、来年以降、観光事業が増えていく」とし、また同省は、外国人観光客が昨年の468万人から、2016年には600万に達すると予測している。
2015/04/23
20150423 Myanpress 02 H 126

ミャンマー:観光省、ネピドー観光の促進を目指す

3月29日付のイレブン新聞(電子版)によると、観光省は、ネピトーにおいて、多目的の観光市場を作る計画を進めているという。